勉強会を有効活用!フリーエンジニアは要検討

Category

フリーエンジニアの勉強会とは?

フリーエンジニアの仕事道具は、頭脳です。常に最新情報を仕入れ、自身の情報をアップデートし、スキルを磨き続ける努力が必要不可欠です。プロフェッショナルな職人が仕事道具を磨き上げるように、フリーエンジニアは自分自身のスキルを磨き上げる必要があるのです。そんなフリーエンジニアにとって、勉強会は絶好の機会となります。新しい情報を仕入れることもさることながら、自分では理解しているつもりでいることの盲点に気付くチャンスを得たり、新たな刺激を受けることでよりパフォーマンスを上げることも可能になります。しかし、勉強会後遺症には注意が必要です。後遺症への対処方法も紹介します。

フリーエンジニアが勉強会に参加すべき理由

会社から独立してフリーエンジニアとして仕事を続けるのであれば、勉強会への参加を強くお勧めいたします。「勉強なんて一人でもできる」と思う方がいるかもしれませんが、セミナーに参加すれば独学より効率的に学習を進められるメリットがあります。また、多くの業界関係者と直接顔を合わせられる機会でもあり、人脈の拡大にもこの上なく重宝します。業界の最新情報を仕入れることができる上に、上手くいけば新規の仕事を掴むチャンスが手に入るかもしれません。仕事のパートナーが見つかる可能性もあり、エンジニアとしての活動範囲を大きく広げてくれること間違いなしです。

詳しくはこちら

エンジニアは勉強会で社名を出さない?

エンジニアの勉強会に参加すると、非常に多くのエンジニアが自分の所属している会社名や本名などの個人情報を周りに明かそうとしないことに驚かされます。勉強会にはたくさんの業界関係者が集まっているのですから、本来は自分の名前を売る絶好のチャンスのはずです。何故彼らは自社名をひた隠しにするのでしょうか。その最大の理由は、職務規定違反の罰則を恐れているからです。万一口を滑らせて会社の機密情報を漏らしてしまえば、厳しい処罰が待っています。組織の方針を批判するようなことを言っただけでも目を付けられかねない業界ですので、みなできるだけ情報を流さないように気を付けているのです。

詳しくはこちら

フリーエンジニアの勉強会後遺症

「勉強会後遺症」という言葉をご存知でしょうか?勉強会後遺症とは、勉強会で持った熱と、ぬるくてだるい現実との温度差やギャップに辟易してふさぎこんでしまう症状を言います。向上心あふれるエンジニアが勉強会に参加した後に必ずと言っていい程経験するといわれています。この後遺症から一刻も早く抜け出すために必要なのは、勉強会で得た熱を周りの人にどんどん伝染させることです。勉強会で得た熱に知識も含めて周囲に共有していくことが大切です。勉強会をただの理想にとどめず、自分の周りにも伝染させてリアルな世界に反映させることで、つらい勉強会症候群から抜け出すことができます。

詳しくはこちら