できるフリーエンジニアになる!活躍する人の傾向とプロ意識を紹介します!

Category

フリーエンジニアになろう!

フリーエージェント時代が到来しつつある今、あらゆる職種において「独立」というキーワードが目立ちはじめています。中でも、ITエンジニアはその最たる職種と言えるでしょう。「会社員の安定か、フリーエンジニアで勝負に出るか」という選択は、多くのエンジニアが一度は考えるであろうテーマです。実際どちらが良いのかは個人のスキルや適性、置かれる条件や環境、タイミングなど、様々な要素によって変化しますので一概に言えるものではありません。すでにプロ意識を持ったフリーエンジニアとして活躍しているエンジニアの姿と自分自身を照らし合わせてみるのも判断基準のひとつになるかもしれません。

フリーエンジニアになるか、年功序列のレールに乗るか

特にITエンジニアの世界では、年功序列はもはや非常識といえるのかもしれません。会社の中で様々なポジションを経験しながら、マネジメントに行き着くという基本パターンを辿ることもできるでしょうが、それよりも今後はフリーエンジニアとして、自分なりのキャリアパスを考える魅力の方が勝るのかもしれません。ますます成熟する高度情報化社会において、もちろんITエンジニアとして自らの専門分野を極めるのも一つですが、プロジェクト管理やITアーキテクトなど、独自路線を見出すことによるバリエーションは無限大です。そしてフリーエンジニアに付き物のリスクも、横のつながりを広げることでカバーできるのです。

詳しくはこちら

フリーエンジニアとして活躍できる人って?

フリーエンジニアとして働くからと言って、一人でこなすことが出来る範囲でしか仕事ができないわけではありません。個人で仕事を受注する一方で、仲間と組織した会社が受注した仕事に関わることもできますし、あるいは契約社員か派遣社員のように顧客企業の中に常駐することもあります。そして交友範囲が広い人が、フリーエンジニアとして成功する傾向があります。というのもフリーエンジニアの仕事は、知り合いからの紹介などが少なくないのであり、また最先端の技術や知識に触れるチャンスを貪欲に求めれば、自ずとレベルの高い者同士が交流し合うことになるのです。

詳しくはこちら

プロとしてのフリーエンジニアになる

ITエンジニアがプロ意識から、機能を止め処なく追加してしまい当初のイメージからかけ離れたり、あるいは美しいコードに異常に執着して当初の予定より大幅に遅れたり、という場合には、残念ながらプロ意識に欠けると言わざるを得ないでしょう。このように「プロとしての仕事」を語る際には、人によって価値観が現れるところです。しかし最低限、対価としての金銭を受け取る以上、守らなければならない一線があるでしょう。経済観念を身に付けて、エンジニアでありながらも経営的視点に立ってプロジェクトの完成を考えることは大切です。時と場合によっては、技術に拠らない解決法もあるのです。

詳しくはこちら

フリーエンジニアとして仕事に困ったら

フリーエンジニアになったら収入が増えるとよく耳にします。実際、仕事を熟した分だけフリーエンジニアの収入は増えるため、正社員よりも高収入を得られる可能性はあるでしょう。しかしその様なメリットと同時に、仕事が得られなければ収入もないというデメリットも発生します。そうなってしまった場合は、フリーエンジニア向けのエージェントを吟味し自分に合ったところに登録するなどして仕事を獲得するようにしましょう。

詳しくはこちら