オフ会での横のつながりが、フリーエンジニアとしての活躍のポイント?

Category

フリーエンジニアとして活躍できる人って?

フリーエンジニアとして活躍できる人って?

人によって働く理由は様々です。もちろん金銭的対価を得ることで家族の生活を守るため、というのは最も基本的なものでしょう。しかし仕事をする価値を語る上での金銭的魅力というものは、案外高くはないのです。


フリーエンジニアという選択肢

「衣食足りて礼節を知る」と言われるように、着るものや食べるものに不自由しない程度に稼いでいれば、自ずと自らの働く意味を考えるようになります。そこで会社という組織に身を置きながらキャリアを積み重ねるというのも選択の一つですが、道はそれだけではありません。フリーランスとなり、自らのコネや人脈の中に埋もれている需要を掬い上げて、自身の創意工夫をもって市場に提供するという道もあるのです。

フリーエンジニアの受注形態

フリーエンジニアというと、一匹狼で何から何まで一人でこなすというワークスタイルを想像しがちですが、必ずしもそうである必要はありません。例えばフリーランスとしての仕事も受注しながら、ある程度規模の大きなプロジェクトを仲間と受注するといった柔軟な働き方もできるのです。あるいは仕事の内容によっては派遣社員や契約社員に近い立場で、相手企業の中に入り込んで仕事を完成させるまで留まり続けることもあるのです。ビジネスの世界では、「優秀な人は、自分に足りないものを自覚しており、それを誰に求めればよいかを知っている」とも言われます。何も自らがスーパーマンになる必要は無く、そのプロジェクトに必要な人をどこに求めれば良いのかを知っていれば、顧客企業の内外を問わずに即座にチームを組んで、チームとして仕事を完成させればよいわけです。一方の発注側の企業から見れば、フリーエンジニアに仕事を依頼するということは、その人個人を自ら指名するということです。この場合、病気になっても替りがいません。従って対会社であるよりも遥かにリスクの高い選択といえるのであり、中には敢えて間に別の会社を挟んで発注することによって、リスクを軽減しようとする場合もあるのです。

交友範囲の広さがカギ

そもそもITエンジニアに限らずフリーランスの仕事の受注は、知り合いからの紹介などが多くの割合を占めています。そのような知り合いというものは、キャリアを積み重ねながらオンライン上などで、知らず知らずのうちに交流を広げてきた成果といえるでしょう。目まぐるしく技術革新が進むIT業界において、あっという間に流行り廃れるとはいえ、最先端の技術や知識をいち早くキャッチすることは、その後のキャリアを左右します。従って顔は見えなくても、高いレベルでお互いに切磋琢磨し合う仲間との交流は、フリーエンジニアにとってはまさに宝物なのであり、またフリーエンジニアが陥りがちな孤独から救ってもくれるのです。