オフ会を徹底活用!フリーエンジニアの人脈づくり

Category

フリーエンジニアはオフ会を大事に

「オフ会なんて面倒くさい。苦手。」そんな風に敬遠しているフリーエンジニアもいるかもしれません。しかし、何事も食わず嫌いをせずに、一度チャレンジしてみてから判断しても損はありません。一言でオフ会といっても、テーマや目的によって様々な種類のオフ会が開催されています。その中から、自分に合いそうだと思うもの、少しでも興味がわくものがあれば、積極的に参加してみることをオススメします。フリーエンジニアにとって、人脈は宝です。営業目的での人脈形成だけではなく、横のつながりを広げることも大切です。ひとりで働くフリーエンジニアだからこそ、横のつながりが重要なのです。

フリーエンジニアのオフ会の内容って?

フリーエンジニア向けのオフ会は様々な形態やテーマ、目的で多数開催されています。オンラインで交流のある人同士が集まるオフ会もあれば、交流会と表現した方がイメージしやすいようなオフ会もあります。どちらにしても、オフ会では同じIT業界で働いている人といえど従事していることは多種多様です。その中から自分と同じ技術やプロジェクトなどについて話すだけでなく、全く違った分野の話を聞くことができます。そのため、知り合いや飲み友達といった交流が増えることが期待できます。ただし、相手の話を聞きたいというような受け身な姿勢ではなく、話のネタを多く提供できるような積極的な参加をすることが必要です。交流を深め、情報交換をするためにオフ会を利用してみるのもいいかもしれません。

詳しくはこちら

フリーエンジニアのオフ会LT体験談

たくさんのエンジニアが一堂に会すオフ会では、LT(ライトニング・トーク)と呼ばれるプレゼンテーション大会が実施されています。5分という制限時間内で所定のテーマについて論説するLTを行うことで、聴衆に自分の意見を的確に伝えるスキルが身に付き、実際の仕事にも役立ちます。初めてLTに参加したエンジニアのAさんは、頭の中でシミュレーションしていたことが全く思い通りに出来なかったことに反省しきりです。十分に時間の余裕を持ってプロットを作成し、イメージトレーニングだけでなくその原稿を実際に声に出して読む練習を行うことが大切なのだと学んだそうです。

詳しくはこちら

フリーエンジニアがオフ会を開催するには?

オフ会を開催するにあたって決めるべきことは会の目的・方針と日時、場所です。オフ会の目的や方針を明確にし、それにあった場所を選びましょう。気をつけなければいけないのが集まりやすさで、参加者が参加しやすいような場所、日時を選ぶことが重要です。協力者を募っておくと当日イベントを用意したり、これらの決定を相談したりすることができます。段取りが決まったら告知です。目的や対象者、日時、場所、開催者、参加金額を明記しましょう。当日はやるべきことが次々に出てくるので、できるだけ事前に準備をしておくことが必要です。大変ではありますが、参加者のときとは違った経験や交流ができる良い機会となります。

詳しくはこちら

オフ会をはじめとしたストレス発散法

フリーエンジニアのストレス発散には、ご他聞にもれずお酒が付き物のようですが、その利用シーンはそれぞれです。仕事を離れた仲間との交流を楽しむためにバーに繰り出す人もいれば、エンジニア同士のオフ会や交流会でとことん語り明かし、飲み明かす人もいます。またエンジニアといえば、遅くまで仕事をしていたり、徹夜も珍しくないというように中々生活リズムを保ちづらいものですが、短時間でも息抜きのために近所の行きつけの店に出掛けて、マスターや女将との会話を楽しむ人もいます。いずれにせよ人と会話する機会を自ら作ることが、ストレス発散には効果的です。

詳しくはこちら