飲みすぎ注意!フリーエンジニアのストレス発散はお酒?

Category

フリーエンジニアのストレス発散法

フリーエンジニアのストレス発散法

交際費で夜の街を派手に豪遊できた時代の記憶も泡と消えた今、フリーランスにとってストレス発散にお酒はある程度必要とはいえ、それぞれの楽しみ方があるようです。活況を呈する情報産業の一翼を担うフリーエンジニアにとって、遅くまでの仕事は当たり前、ともすれば徹夜も続くという猛烈ぶりから、「遊びたくても遊べない」「しかしそれでも敢えて遊ぶ」という裏事情もあるのです。


仕事を離れた仲間との交流

一口にストレス発散といっても、その”はけ口”は様々です。例えばバーの一角でダーツなどができるようなお店に通って、仕事以外の仲間との気軽な交流にハマる人もいます。お酒を前に愚痴をこぼすよりも生産的ですし、時としてまったく予想もしない出会いから新しい視野が開けたり、行き詰っている仕事の突破口がみつかるかもしれません。ともすれば籠りっきりでパソコンの画面とにらめっこしがちな生活に、新鮮な刺激を加えることができるでしょう。

オフ会や交流会

またエンジニア同士のオフ会や交流会で、フリーランスや専門以外の分野との刺激的な情報交換を楽しむ面々も少なくありません。こちらは飲んで話すということが主目的になるため、お手ごろ価格で満足できる居酒屋のチェーン店などが多く利用されているようです。オンライン上では少なからぬ交流がありつつも、お酒を片手にお互いの顔を突き合わせて話し込むというのは、また違った楽しみであり、語るほどに酔うほどに日頃のストレスも解消されることでしょう。

一人じっくりと大人の時間

あるいは行きつけの店のいつもの席で、その日お勧めの小鉢をつつきながら、マスターや女将との会話を楽しむ人もいます。フリーエンジニアであれば、仕事場も自宅であることも多く、下手をすると一歩も自宅から出ることなく誰とも会話することもなく、一日が終わってしまうことも珍しくありません。ついつい独り言が出ないうちに、気取らずふらりと出掛けられるお店があれば、スランプに落ち込んでしまったり煮詰まっている時の大切な気分転換になるものです。

お酒の効用

もっとも「嫌なことを忘れるために」お酒の力を借りるのは、あまりお勧めできません。というのも一人でついつい深酒してしまい、翌日には二日酔いの頭で罪悪感を覚えてしまう上に、何事も解決していないという悪循環から抜け出せなくなる危険もあるのです。やはりどんな場を利用するにせよ、人と話すことでストレスを解消するというのが、一番手軽で確実な方法といえるでしょう。そして胸に重くのしかかるだけのストレスを解消した後で冷静な心境に戻ってから、自らの経験を客観的な目で振り返り、反省すべきは反省することで成長の糧とするのです。