フリーエンジニアはオフ会を徹底活用して、快適なフリーランスライフを!

Category

shinchaku

フリーエンジニアとして活躍できる人って?

フリーエンジニアとして働くからと言って、一人でこなすことが出来る範囲でしか仕事ができないわけではありません。個人で仕事を受注する一方で、仲間と組織した会社が受注した仕事に関わることもできますし、あるいは契約社員か派遣社員のように顧客企業の中に常駐することもあります。そして交友範囲が広い人が、フリーエンジニアとして成功する傾向があります。というのもフリーエンジニアの仕事は、知り合いからの紹介などが少なくないのであり、また最先端の技術や知識に触れるチャンスを貪欲に求めれば、自ずとレベルの高い者同士が交流し合うことになるのです。

詳しくはこちら

フリーエンジニアがオフ会を開催するには?

オフ会を開催するにあたって決めるべきことは会の目的・方針と日時、場所です。オフ会の目的や方針を明確にし、それにあった場所を選びましょう。気をつけなければいけないのが集まりやすさで、参加者が参加しやすいような場所、日時を選ぶことが重要です。協力者を募っておくと当日イベントを用意したり、これらの決定を相談したりすることができます。段取りが決まったら告知です。目的や対象者、日時、場所、開催者、参加金額を明記しましょう。当日はやるべきことが次々に出てくるので、できるだけ事前に準備をしておくことが必要です。大変ではありますが、参加者のときとは違った経験や交流ができる良い機会となります。

詳しくはこちら

フリーエンジニアとして仕事に困ったら

フリーエンジニアになったら収入が増えるとよく耳にします。実際、仕事を熟した分だけフリーエンジニアの収入は増えるため、正社員よりも高収入を得られる可能性はあるでしょう。しかしその様なメリットと同時に、仕事が得られなければ収入もないというデメリットも発生します。そうなってしまった場合は、フリーエンジニア向けのエージェントを吟味し自分に合ったところに登録するなどして仕事を獲得するようにしましょう。

詳しくはこちら